メインメニュー
新着情報
学校紹介
学校生活
生徒募集



       評価及び単位の認定


 (評価)


   1 中間考査の成績は、その考査で収めた成績をそのまま評価し、各期の

    成績は、次に掲げる項目を総合して評価します。


     (1) 定期考査成績


     (2) 教科・科目の内容、進度に応じて適時行うテスト成績


     (3) 課題、レポート、実験・実習、実技の成績


     (4) 平常の学習状況(出席状況、受講態度等)

     
   2 各期末の学習成績は、100点法と5段階法の2本立てで評定します。






 (単位修得の認定)

     履修とは、出席時数が各教科・科目の出席すべき時数の3分の2以上であり、

    その目標に到達すべく授業に参加し、授業を受けることをいいます。


     履修した教科・科目の成果が、その目標に照らして十分であると認められた

    とき、その履修した単位の修得を認定します。


     通信制課程との併修、学校間連携、高等学校卒業程度認定試験の合格科目、

    技能審査の成果やボランティア活動により単位を修得した場合は、卒業に必要な

    単位数として認定することができます。






 (卒業の認定)

     教科・科目及び総合的な学習の時間の修得単位数が74単位以上で、かつ、

    特別活動の成果がその目標からみて満足できると認められた者について、卒業

    を認定します。




Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project